祭り

芝崎の山車


明治30年の那古祭礼発足以前から現存する最古の山車のひとつ。囃子座上部で大きく翼を広げた鳳凰が目を引く。囃子座の欄間と柱が一体で構成され、前柱は相生の松で上に鶴、下には高砂の尉と姥が立つ姿や下高欄胴の瓶など長寿を表す吉祥の彫刻が主体となっているが、下高欄四角の金剛力士の表情も見所のひとつ。彫刻師は後藤喜三郎橘義信。人形は農耕を司る太陽の女神である天照大神。

マップ