祭り

上町 諏訪神社の山車


人形は、国常立尊(くにのとこたちのみこと)。山車の詳しい歴史は不明であるが、明治の中期に地区の大工によって作られたと言われている。天保3年の銘がある太鼓があり、歴史のあるものと考えられる。彫刻は、後藤喜三郎橘義信の作の両面彫りで、高欄正面には急流を泳ぐ龍、左右に竹林の中の虎が施されて見ごたえがある。また、外高欄の4隅にある龍は、他の山車にない上町自慢のものである。

住所 館山市北条1980
アクセス方法 自動車:富津館山道路・富浦ICから国道127号で約15分
電車・バス:館山駅から徒歩5分

マップ