寺社仏閣

阿弥陀堂(あみだどう)



現在は八幡地区の墓地のお堂になっているが、明治になるまでは八幡神の本来の姿である阿弥陀如来を祀る本地堂であり、鶴谷八幡宮の付属施設として社殿の隣にありました。仏が人々を救うために神の姿を借りて現れるという本地垂迹説では、八幡神の本地は阿弥陀如来となっています。
また堂内には、かつて八幡宮一の鳥居と二の鳥居の間にあった弁天社に祀られていた弁財天像も祀られていて、これは戦国期末の里見時代のものとされています。

住所 館山市八幡
TEL 0470-23-5212
備考 <観光に関する問合せ>館山市立博物館
  〒294-0036 館山市館山351-2

マップ